Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Support Topics
 サポートトピックス / UC-win/Road
環境機能を活用した空間表現の向上
〜「影」「時間と照明」機能〜
保守・サポートサービス関連情報
はじめに
今回は、陰影と影の表現、明るさの設定方法を紹介します。
UC-win/Roadでは、Ver.11より、影の可視化機能の高速化および品質改良が成され、ドライビングシミュレーションのようなリアルタイム性が必要なシミュレーションでも使用可能となり、立体感と没入感が大きくアップしました。影のシャープネス、ぼかし具合や遠距離でも設定できるようになり、晴天のみならず少し曇った状態での影など、多様な影の表現が可能となっています。

影の表現設定
まず、影を描画するには、メニュー「ホーム」−「描画オプション」の「影」タブで「影を表示」にチェックを付けます。3D樹木の葉のように風の揺れに合わせて影も動かす場合は、「ホーム」メニューの「環境の表示」をクリックします。「影」タブでは、「影を形成するオブジェクト」の種類にチェックを付けます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
1 メニュー「環境の表示」と「描画オプション」と「影」設定

影の表示距離により、影が表示される範囲を設定します。範囲を狭くすると影がくっきり表示され、広くすると、影がぼやけます。目的に応じて、影を表示させたい必要な距離を設定します。例えば、日影シミュレーションなどのように影を途中で途切れさせない場合は、表示距離を長めに設定します。そのほか、近景の表示だけでよい場合は表示距離を短くするほど、輪郭がはっきりした影となります。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図2 影の表示距離:50m
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図3 影の表示距離:1000m
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図4 影の表示距離(左50m、右300m)

影のデプステクスチャサイズにより、影の鮮明さが変わります。デプスサイズを大きくすると影がくっきり表示され、小さくすると影がぼやけます。例えば、晴天の場合はデプスサイズを大きくして、くっきりした陽射しを感じられる表現にします。薄曇りなどのやわらかな影にしたい場合は、デプスサイズを小さくして輪郭をぼかします。なお、デプスサイズを大きくするとメモリを多用します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図5 晴天の影の表現 デプステクスチャサイズ:8192
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図6 薄曇りの影の表現 デプステクスチャサイズ:4096

影のアンチエリアシング設定により、影のエッジ部分の滑らかさが変わります。アンチエリアシングを有効にすると、影の輪郭のギザギザがない滑らかな表示となります。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図7 3D樹木の木漏れ日の影(左:アンチエリアシングなし / 右:あり)

「時間と照明」の設定
メニュー「ホーム」−「描画オプション」の「時間と照明」タブで「日付、時刻により太陽、月の位置を変化させる」にチェックを付けると、日時の設定が影の表示に反映されます。例えば、夏至の頃の影と冬至の頃の影の比較など、位置、季節や時刻による影の影響の違いを検証することができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図8 夏至の頃の影
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図9 冬至の頃の影

「環境光の強さ」を設定して、コントラストの強弱を変えることができます。影になった暗い面をもう少し明るくして見えやすくしたり、あるいは、明るい面を強調したい場合などに設定します。
環境光および太陽光を調整することで、季節感を表現することも可能です。例えば、環境光をマイナスにして、さらに太陽光をプラスにすることにより、夏の日中の景観イメージなどを表現できます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図10 環境光の強さ:0% 図11 環境光の強さ:20%
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図12 環境光の強さ:−20% 図13 環境光の強さ:−20%、太陽光の強さ:100%、空:スカイドーム

屋内や夜景などでは、アイライトにより、陰影や明るさを調整することができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図14 アイライト:0% 図15 アイライト:30%


おわりに
「影」や「照明の強さ」の機能により、陰影や影の表現が充実しました。これらの描画オプション機能はStandard版で使用できますので、ぜひ、VR空間の多様な表現にご活用ください。


前ページ
 
インデックス
(Up&Coming '18 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
いすゞ自動車株式会社
[ お知らせ ]
IT導入補助金対象製品・
サービスのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
PC単純桁の設計・CAD
(部分係数法・H29道示対応)
床版打設時の計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算(部分係数法・
H29道示対応) Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋(下水道耐震)Ver.12
開水路の設計・3D配筋 Ver.4

キャンペーン実施中
IT導入補助金
CIM・i-Con技術セミナー連動
新道示トレードアップ
グレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/23  UAVプラグイン・VR 宮崎
7/24  下水道耐震設計
7/24
〜25
 ジュニア・ソフトウェア
8/1  DesignBuilder

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション