BIM/CIM、i-Construction 対応
建築土木設計・国土強靱化設計支援ソリューション

VRと各種土木設計・構造設計・解析ソフトを連携し、BIM/CIM のワークフローに対応した統合ソリューション。3次元データやIoT 技術活用のシステムでi-Construction をサポートし、インフラ強化や防災・減災など、国土強靭化への取り組みも支援します。

BIM/CIM&VRによる統合ソリューション

測量から設計、施工、維持管理まで、建築土木構造物のライフサイクルに必要なあらゆる情報を連続的に活用可能な、BIMおよびCIMとVRによる統合ソリューションを提供しています。

IM&VRデータ連携の適用事例:既存施設の3次元BIMモデルをAllplanで作成し、近隣で新たに建設する橋梁のモデルも含め、点群計測で構築した周辺環境のVR空間にインポート。景観検討、交通シミュレーション、地震、火災、洪水など災害時の避難シミュレーションも行えます。

IM&VRソリューション

3次元バーチャルリアリティUC-win/Roadを中心として各種土木設計ソフトや構造設計・構造解析ソフト、クラウドシステムとの連携を図り、BIM/CIMのフロントローディングを大きく支援します。国土交通省が推進するi-Construction(建設生産革命の推進)にもいち早く対応し、設計、施工、維持管理の各フェーズをデータ連携、時間軸の面からつないでいます。

CIM導入ガイドラインとBIM/CIMリクワイヤメント対応状況

 

3D・VRソリューション

充実したデータ交換ツールにより、各種シミュレーション(景観、日照、交通、風、騒音、浸水・津波、避難)との連携を実現。VRとBIM/CIMモデルを連携することで、データの活用範囲が広がります。また、VRのインターフェースを用いて、クラウド、施工機械、ヘッドマウントディスプレイ、ドローンなどさまざまな機器と接続されたシステムを柔軟に構築できます。

UC-win/Road

>>製品詳細はこちら

UC-win/Roadによる道路計画・交通シミュレーション

切り土盛り土小段ののり面工の評価等に移動速度に応じた内部景観、外部景観のシミュレーションが行えます。時間交通量、車種別のプロファイル設定により渋滞シミュレーション、バイパス計画による交通量の比較シミュレーションの活用も可能です。

  1. 近隣住民への影響検討
  2. 掘割構造幹線道路計画の検討(掘割構造/ランプ/幅杭/測点番号)
  3. 豊富な道路機能による立体交差、トンネル・橋梁、平面交差点、インターチェンジの検討
  4. 複雑な交差点の形状、テクスチャ、走行ルート、交通制御の定義
  5. On/Offランプ定義機能により、複雑なインターチェンジを短時間に作成
  6. 大規模集客施設の建設に伴う交通検討
  7. 点群モデリングプラグインによるVRデータ作成

 第10回 3D・VRシミュレーションコンテスト 審査員特別賞
「交通結節点改善事業における合意形成のためのVRシミュレーション」
旭測量設計株式会社

県・市・警察・鉄道事業者・コンサル・施工業者など、さまざまな関係機関との協議の場において、合意形成を目的として活用。

 第18回 3D・VRシミュレーションコンテスト Advanced賞
「阪神高速道路車両軌跡シミュレーション」 阪神高速道路株式会社

画像処理により生成した0.1秒毎の車両軌跡データを可視化するためのプラットフォームとして整備

 第9回 3D・VRシミュレーションコンテスト グランプリ
「VRによる阪神高速道路の地下化と都市の魅力向上に向けた計画提案」 関西大学 総合情報学部

阪神高速道路を地中化することにより、美しく風格ある都市景観の創出、緑化と歩行空間の確保等について可視化し、提案資料として整備。3Dモデル化には点群を活用。

都市景観・街路整備

公園整備、住宅造成、植栽計画、緑化計画、季節や経年による景観検討や、街路再整備、駅前再開発などの都市空間における各種検討が可能です。

  1. 電線地中化、歩道橋撤去などの改良工事
  2. 整備前、整備中、整備後などの変化確認
  3. 親水計画検討
  4. 港湾、河川整備検討
  5. 歴史的文化財の時代による変遷
  6. 埋没文化財の分布範囲、年代別表現

 第7回 3D・VRシミュレーションコンテスト 優秀賞
「境港市水木しげるロード」 境港市

境港市水木しげるロードリニューアル計画において、設計案の合意形成とPRのためにVRを作成。道中に設置されているブロンズ像は写真群から3Dモデルを生成した。

 第9回 3D・VRシミュレーションコンテスト 審査員特別賞 デザイン賞
「デザイン都市・神戸の景観形成に向けた合意形成のためのVR活用」 神戸市都市計画総局

交通流、信号制御を設定し、走行車両に乗車して移動視点からの景観変化をシミュレーション。

プロジェクトスケジュールの定義から進行状況を3Dデータと連携してシミュレーションするまでの、スケジュール管理が可能です。ユーザーがプロジェクトの構成要素を簡単にモデル化でき、UC-win/Roadの3D空間と連携した使いやすいプロジェクト管理ツールです。

>>製品詳細はこちら

4Dシミュレーション機能

UC-winRoadに統合された建設作業の計画と管理のためのソリューション。VR上で計画とスケジュールを管理。

ガントチャート作成機能

  • 施工、工事、イベント、街づくり、各種工程シミュレーションと連動したスケジュール管理、確認が可能。
  • 祝日に合わせたカレンダーの管理や他の休日の追加設定。
  • タスク、サブタスクとして作業の体系に沿ったタスク管理が可能。
  • 年/月/日モード、週単位、時間単位などスケジュール表示の自在な切替え。
  • ガントチャートは画面上のどこにでも表示可能。
  • CSV形式のスケジュールをインポート/エクスポート。
  • CSVファイルにリンクした3Dモデル自動読み込み。

▲ガントチャート

リアルな進捗シミュレーション

  • シミュレーションの一時停止や検査日など特定の日を設定でき、現場に即した進捗シミュレーション。
  • タスクに、車両、クレーン、ダンプトラックなどの機械設備や一時的なモデルを設定。
  • トラック、クレーン、機材、作業員等リソースを追加、機械の動作可動やリソースの移動の定義が可能。

▲駅の工事を再現した例

VR-NEXT®

次世代クラウドコンピューティング向けVRエンジン。高精度な映像により、カメラセンサシミュレーション、AI教師用生成に適用可能です。

リアルタイム物理ベースレンダリング(PBR)

材質を定義しやすく、よりリアルなレンダリング画像を生成可能に。材質を物理的に定義することで、色や光の反射に関する情報を得ることができ、より少ないポリゴンでモデル形状を再現できます。レンダリングした画像はより写実的ですが、スピードや使用メモリなどのパフォーマンスは低下することはありません。

Model courtesy of Karol Miklas
(sketchfab.com/karolmiklas). CC BY 4.0.

クロスプラットフォーム

複数のハードウエアとOSの組み合わせに対応したアプリケーションです。

ソフトウエアプラットフォーム

C++で開発され、他のアプリケーションやモジュールを容易に追加できるSDKを提供予定。

VR-NEXTクライアントアプリケーション

クラウドデータ共有サービスに保存している3Dデータと属性にアクセスし、3DVR空間上で可視化と操作をするためのクロスプラットフォームアプリケーション。基本機能は無償ビューアとして提供いたします。

フォーラムエイト広報誌 Up&Coming 新製品紹介

’19 盛夏号 ロードマップと活用方法

’19 新年号 クライアントアプリケーション

VR-Cloud®

UC-win/Road で作成したVRデータを、インターネット環境さえあればインタラクティブに参照・体感できる参加型システム。パソコンの性能や場所を問わないため、VRによる都市計画やまちづくりなどのプロジェクト全般において、広報展示や合意形成の支援ツールとして利活用できます。

VR-Cloud® Standard  :¥336,000.

VR-Cloud® Collaboration:¥550,000.

>>製品詳細はこちら

▲遠隔デザインミーティング

●VR-Cloud® Standard

・VR-Cloud® Flashの機能に加え、a3S伝送技術を用いることで伝送速度が大幅に向上

・より操作しやすいインタフェースによりユーザビリティが向上

●VR-Cloud® Collaboration

Standard版の機能を備え、クラウド上におけるより高度なVRの活用が可能。

・フォーラム機能:3DVRモデル上のBBSサービス

・スライド機能:プレゼンテーションを支援する、スライド再生機能

UC-1 CADソリューション

3次元配筋ビューワの機能に加えて躯体・鉄筋の新規作成、干渉チェックに対応した3D配筋CADとそのクラウド版、また、国産3次元CADエンジンを利用した3D CAD Studio®や、車両軌跡作図・駐車場設計など、さまざまな専用CADおよび設計支援ツールをご用意しています。

3D配筋CAD

躯体・鉄筋の新規作成、干渉チェックに対応

>>製品詳細はこちら

3次元配筋ビューワの機能を拡張し、配筋状態を3次元で表示するだけでなく、躯体や鉄筋の新規作成、鉄筋どうしの干渉チェック、2D図面作成などを可能とする3次元配筋CADです。「CIM導入ガイドライン 平成29年3月31日」に対応、3D配筋のデータを「CIMモデル」としてエクスポートできます。

▲UC-1シリーズとの連携

・UC-1シリーズ製品連動
・躯体・配筋追加・編集・属性入力
・配筋の干渉チェック、回避シミュレーション、レポート出力
・施工手順表示・2次元図面生成(一般構造図、配筋図、加工図、鉄筋表)
・IFC形式出力(躯体・鉄筋属性の外部リンク)
・数量計算書(数量総括表、躯体寸法図、各部躯体数量、鉄筋数量)

▲鉄筋生成画面

▲鉄筋の開口部カット/仮想配筋面への配筋

▲干渉チェック/確認画面

▲CIMモデル出力

3DCAD Studio®

土木専用3次元CAD >>製品詳細はこちら

汎用的な3次元モデリングが可能。関西大学を中心としたプロジェクトが開発した国産の3次元CADエンジン(土木向けに必要な機能を調査・選定し、データ交換を考慮してISO 10303に従ったデータ構造)を採用。

▲干渉チェック/確認画面

▲CIMモデル出力

車両軌跡作図システム/駐車場作図システム

車両軌跡作図システム  >>製品詳細はこちら

車両走行軌跡の計算、軌跡図の作成プログラム

▲メイン画面

▲図面確認(申請用軌跡図)

▲UC-win/Roadによる3次元可視化
(セミトレーラの切り返し)

駐車場作図システム  >>製品詳細はこちら

駐車場設計を支援(平面図作図)するCADシステム

▲図面例

▲UC-win/Roadでの可視化

Shade3D

プロジェクトスケジュールの定義から進行状況を3Dデータと連携してシミュレーションするまでの、スケジュール管理が可能です。ユーザーがプロジェクトの構成要素を簡単にモデル化でき、UC-win/Roadの3D空間と連携した使いやすいプロジェクト管理ツールです。

モデリング

自由曲面、NURBS、ポリゴンモデリング採用。正確かつ緻密に設計

PBRマテリアル

最低限の知識でよりリアルな質感を再現

レンダリング

空気館までを再現する表現力の高いレンダリング

光源機能

スポットライト、環境光、日時考慮の太陽光等 光源設定が可能

3Dアノテーション

躯体寸法線付加「3DAモデル」化を実現

アニメーション

回転、拡大縮小、ウォークスルーなど多種多様な機能を搭載

ブロックUIプログラミングツール

アカデミープログラミング教育の分野で採用さ入れている「ブロックインターフェース」を活用したShade3Dオプション製品。ブロックの組み合わせで作ったフローチャートでShade3Dが動作。

>>製品詳細はこちら

3Dプリント

多くの3DプリンターがサポートしているSTL・OBJファイルに対応、3Dプリンターとスムーズにデータのやり取りが可能。

3D模型サービス

3Dプリンターにて模型を作成します

模型VRシステム事例

第10回 UC-win/Road協議会・VR-Studio®協議会  NPO 地域づくり工房 代表 傘木 宏夫 氏


『地域づくりにおける合意形成技術』~まちの安全・安心マップとVRモデリング~「中目黒安全安心マップ」

地域づくりをすすめる上で、事業者と住民との円滑な対話が欠かせません。その一手法としてワークショップ形式による対話がありますが、とりわけ、当事者どうしが実地に歩き、気づきを共有し、それを地図上に視覚化する作業は、具体性があり、利害の違いを含めて相互理解を深める効果があります。それをさらに、VR-studio®を利用して、潜在的なリスクなどを可視化したり、画面上で対話させたりすることで、より踏み込んだ対話が可能となります。通常行っている平面上でのマップづくりのワークショップの成果を、3D-VRに反映することで、対話の可能性が広がります。

全体俯瞰して中目黒の特徴

商店街のにぎやかさ

事故発生の交差点

ガード下の交通の危険

事故発生の交差点

災害に備えた防災倉庫

>>その他UC-1シリーズはこちら

FEM解析ソリューション

動的非線形解析、定常/非定常/伝熱・熱応力連動解析、時刻歴応答解析、地盤の有効応力解析など、さまざまな高度FEM解析機能に対応し、コンタ図を含む豊富な結果表示機能、数値出力機能を有するFEMソフトウェア群です。

Engineer's Studio®

>>製品詳細はこちら

3次元プレート動的非線形解析

3次元有限要素法(FEM)解析プログラムです。土木・建築構造物の部位を1本棒に見立てたはり要素や平面的に連続した平板要素でモデル化して、構造物の非線形挙動を解析するツールです。

「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウェア部門 優良賞受賞!

平成23年5月11日、「第23回 中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウェア部門において優良賞を受賞致しました。同時受賞:産学官連携特別賞(東京大学教授 前川宏一氏)

 Engineer’s Studio® 解析支援サービス例

>>解析支援サービス詳細はこちら

3径間連続PC中空床版5柱式ロッキング橋脚橋
●非線形解析、M-φ要素を使用
●節点数=98
●断面要素数=61
●平板要素数=0
●節点・要素データが無く、設計図・設計計算書からデータを作成
●支承および基礎のバネ定数は与えられている

5径間連続桁橋
●非線形解析、M-φ要素を使用
●節点数=63
●断面要素数=24
●平板要素数=0
●節点・要素データが無く、設計図・設計計算書からデータを作成
●支承および基礎のバネ定数は与えられている

樋門縦方向
●非線形解析、M-φ要素を使用
●節点数=200
●断面要素数=30
●平板要素数=0
●節点・要素データが無く、設計図・設計計算書
からデータを作成
●基礎のバネ定数は与えられている

RC配水池
●非線形解析、M-φ要素・平板要素
(分散ひび割れモデル)を使用
●節点数=921 ●断面要素数=15 ●平板要素数=5
●節点・要素データが無く、設計図・設計計算書からデータを作成
●支承および基礎のバネ定数は与えられている

事前解析コンテスト・ファイバー部門優勝!

平成21年3月5日(独)防災科学技術研究所の「C1-2実験事前解析コンテスト結果発表・表彰」において、当社解析支援チームメンバーが参加し、優勝者として表彰されました。

破壊解析コンテスト優勝!

平成22年7月8日(独)防災科学技術研究所主催の「高じん性モルタルを用いた実大橋梁耐震実験の破壊解析ブラインド解析コンテスト」において、当社解析支援チームメンバーがEngineer’s Studio®を用いて優勝致しました。

WCOMD Studio

耐震診断/解析

>>製品詳細はこちら

UC-win/WCOMDのソルバーとEngineer's Studio®のプレ・ポスト処理を融合

コンクリートひび割れ発生後の様々な非線形挙動を精度良く再現できます。

●計算部
東京大学コンクリート研究室開発の解析ソルバー使用
●プリ処理
複雑な外形の内部を自動的にメッシュ分割
●ポスト処理
変位図、変位のコンタ図、応力のコンタ図、ひび割れ図、変位図やひび割れのアニメーション機能による可視化
●結果データのテキスト形式(CSVファイル)出力、レポート出力
●地盤とRC構造物の非線形を同時に考慮した動的解析、大崎モデル採用

▲節点・要素名の表示、表入力対応

▲変位図と変位コンタ図

FEMLEEG

FEMLEEG
>>製品詳細はこちら

総合有限要素法解析システム
>国産の本格的CAEシステム。モデル作成から解析評価までのほとんどをマウス操作で手軽に行なうことができます。メッシュ形状のDXF形式出力に対応。

基本構成
●FEMIS(プリプロセッサ)
●FEMOS(ポストプロセッサ)
●LISA(ソルバー)
●トランスレーター(外部インタフェース)
●LApack(外部インタフェース)

 FEMLEEG解析支援サービス例

>>解析支援サービス詳細はこちら

アーチクラウン接合部付近応力照査
LISAの入力データ作成から解析実行まで
節点数=68000 モデル数=1 解析ケース数=1
解析支援サービス費 ¥1,188,205

上部工と鋼製橋脚の応力照査
FFEMLEEG内蔵ソルバーLISAの入力データ作成
節点数=75000 モデル数=1 解析ケース数=5
解析支援サービス費 ¥1,342,768

地盤解析シリーズ

地盤FEM解析
>>シリーズ製品一覧はこちら

浸透流解析、静的全応力解析、動的有効応力解析に対応し、地盤構造物の性能設計に大きな威力を発揮。LandXMLのインポートに対応。

製品ラインナップ
GeoFEAS Flow3D
2次元弾塑性解析 GeoFEAS2D
Geo Engineer's Studio
動的有効応力解析 UWLC
2次元浸透流解析 VGFlow2D

地盤解析支援サービス例

>>解析支援サービス詳細はこちら

橋脚とトンネル解析
2次元弾塑性地盤解析(GeoFEAS) 2D

節点数=1260 ステージ数=6
梁要素使用/2次元通常モデル
解析支援サービス費 ¥917,398

○○地区地すべり解析
3次元地すべり斜面安定解析(LEM)

地下水位あり/地形断面数21/地すべり幅800m、長さ600m/コラム数:x方向80、y方向60/解析法:簡易ヤンブ法/地震時影響考慮/c-tanφ関係図の作図
解析支援サービス費 ¥517,568

建築ソリューション

3次元配筋ビューワの機能に加えて躯体・鉄筋の新規作成、干渉チェックに対応した3D配筋CADとそのクラウド版、また、国産3次元CADエンジンを利用した3D CAD Studio®や、車両軌跡作図・駐車場設計など、さまざまな専用CADおよび設計支援ツールをご用意しています。

Allplan

Allplan

>>製品詳細はこちら

3次元配筋ビューワの機能に加えて躯体・鉄筋の新規作成、干渉チェックに対応した3D配筋CADとそのクラウド版、また、国産3次元CADエン ジンを利用した3D CAD Studio®や、車両軌跡作図・駐車場設計など、さまざまな専用CADおよび設計支援ツールをご用意しています。



インタフェース  利便性を追求。自由にカスタマイズできるインタフェース

作図環境における使いやすさを追求。ツールパレット・ツールバーは、アイコン表示の有無/表示位置の変更などの好みに合わせて自由にインタフェースを設定できます。高機能なスナップツールを備えた作図カーソルにより、作業効率もアップ。2D図面で行った作図・編集は3D画面の立体モデルに即座に反映されるので、マルチウィンドウで同時に確認しながら作業が進められます。

プロジェクトのエクスポート、配布、管理機能 Allplanのインタフェース

BIMモデリング  多彩な高機能オブジェクトと部材作成ツール

柱、梁、床、壁などの基本的な部材作成ツールに加え、高機能オブジェクト(窓、ドア、階段、ファサードなどの部材)を用いて建物モデルを作成していきます。各オブジェクトに用意されているさまざまなパターンを組み合わせて、すばやく高度な計画を作成できます。また、平面図や立面図、アイソメトリック図で構造部材やオブジェクトの入力・編集を行うと、3D画面の立体モデルに変更がリアルタイムで反映され、部材の結合、切断、交差、部材表面の貫通などを直感的に確認しながら操作できます。

階段・ドア・手摺などの高機能オブジェクト
高機能オブジェクトで
すばやく高度なデザイン作成
平面マネージャ機能で 建物構成を一括管理

部屋属性の付加により仕上材の配置と数量計算が効率化

カーソルで範囲指定を行うだけで壁の輪郭を自動検出し、部屋属性を付加。これにより、数量計算を行う際に部屋の仕上材の数量算出も可能となります。あらかじめ壁材・天井材・床材などの仕上材を設定しておけば、部屋全体に一括して仕上材の配置が行えます。
[部屋]ツールプロパティ パラメトリック

テンプレートでファサード・手摺の複雑な形状を容易に作成

ファサードや手摺などの豊富なテンプレートが用意されており、幅広いデザインに対応。カーテンウォールやガラスブロックなどさまざまなパターンを備え、テンプレートの編集により複雑な形状も簡単に設計できます。3D画面やアイソメトリック図でオブジェクトの形状を確認しながら入力・編集できます。
ファサードテンプレートの例

Allplan SmartParts

パラメトリックAllplanCADオブジェクトの 3Dモデリング機能によりモデルが作成可能となり、建物モデルの品質を向上。


直感的な作図と容易な数量計算

部材作成ツールでは、柱、梁、スラブ、壁、基礎などの豊富なコマンドを使用して直感的な作図が行えます。各部材は3次元情報を保持しているため、2D作図と同時に3D図面が自動作成されます。また、3D画面への描画設定や部材への属性割り当てなどの設定により、体積・重量・面積といった数量計算も行えます。
アイソメトリック表示 マルチウィンドウで2D図面と3Dモデルを同時に確認
配筋  配筋図や加工図をすばやく作成


棒鉄筋の配筋図作成

鉄筋の形状を指定・配置することで配筋。主要な鉄筋形状データを備え、任意の形状の生成や配筋後の修正も容易に行えます。あらかじめ用意された主要な配筋パターンを利用するFFコンポーネント機能を使えば、より効率的な配筋図の作成が可能です。
3次元配筋機能 3次元配筋モデルから
作成した加工
柱・梁への配筋

メッシュ鉄筋の配筋図作成

棒鉄筋と同様に、鋼材規格や鉄筋径、鉄筋被りや鉄筋間隔などの情報を入力し、あらかじめ必要な配筋パターンを作成することによって、スラブ鉄筋や壁鉄筋などのメッシュ配筋が行えます。
メッシュ作図の定義 メッシュ配筋

Element Plan

配筋コンポーネントのドキュメンテーションでのエラーを最小化し、設計、計算、配筋、ドキュメンテーションの作業時間を削減。

Reinforcement Labeling

棒鉄筋とメッシュ鉄筋のラベリングを刷新。鉄筋の配置と、配筋されたBIMモデルをより効率的に作成。

Reinforcement Visualization

異なる直径・色での表示、お気に入りサポート機能などにより、配筋情報を効率的にコントロール。
数量計算  部材の各種数量計算で概算工事費を算出

鉄筋、型枠、コンクリートなどの構造数量から壁材や床材などの仕上げ数量まで、体積・面積・重量などさまざまな算出方法による構造部材の数量計算が行えるため、工事費の把握が可能です。
さまざまな表示による数量インジケータ

鉄筋量を数量表としてわかりやすく表現

配筋の際に設定した情報をもとに、鉄筋量の計算を行います。計算結果は数量表として表現され、項目は必要に応じてカスタマイズ可能です。鉄筋の種類ごとに、単位重量や1本あたりの質量、合計重量などが確認できます。
鉄筋形状リスト 数量計算式の定義 コンクリート量の数量計算

型枠形状をグラフィカル表示

柱、梁、スラブ、壁、基礎など、部材ごとに行った数量計算の結果を数量表として2D図面上に表示。数量計算書作成時に根拠図として利用できます。
型枠数量計算

工種別に仕上げ数量を算出

あらかじめ工種属性の割り当てを行うことで、工種別の仕上げ数量を算出できます。箇所数、長さ、面積、体積など、仕上げ材の種類によってさまざまな算出方法を使い分けられます。
工種 コンクリート工事 / 左官工事 / 組積工事 / 塗装工事 / タイル工事 / 石工事 / 設備工事 / 型枠工事 / 鉄筋工事、鉄骨工事 / 断熱工事 / 解体工事 / 新築工事 / 外構工事、植栽工事
項目 未仕上構造、仕上 / 部屋、階段 / フィクスチャ / キープラン / プレキャスト / 測量 / 手すり、フェンス / コストマネージャー / オブジェクトマネージャー / 都市設計 / 床面積
作成できる数量表の種類

数量インジケータ

数量インジケータにより、数量やグラフ化された工事費を図面に表示して視覚的に確認。属性ごとのグラフ表示も行えるので、設計の各段階における数量や工事費の推計を把握することができます。
*工事費の表示にはAllplan BCMとの連携が必要です。
最新の数量インジケータをいつでも参照可能
2D作図/
3Dモデル
 多彩な作図機能を搭載し、2D図面と3Dモデルもスムーズに連携

2D図面上で外部ファイルを参照できるXRef機能、繰り返し利用する部材を定義して簡単に3Dモデルの作図が行えるスマートシンボル機能など、作図効率をアップする多彩な機能が用意されています。作成した3Dモデルから任意の断面図を切り出すこともできます。
高機能オブジェクトで3D空間を作成

3Dモデルから断面図を生成

作成した3Dモデルのセクション生成により、2D図面を確認できます。セクション生成時には、設定により自動的な寸法線・寸法値の付加も可能です。任意の場所でセクション生成が行えるので、断面図の作成に利用できます。
3Dモデルから切り出した2D図面

干渉チェック機能

コンポーネント間の非常に複雑なディティールを、簡単かつ迅速に衝突チェックできます。

DTM機能

DTM(デジタル地形モデル)機能を利用し、地形データを作成・編集することが可能です。DTM色機能により高さの間隔を色で表現したり、またコンター線を描画することもできます。都市計画機能と一緒に、地形で道路と街路も定義すできます。
DTM(デジタル地形モデル)

 XRef(外部参照)機能

図面にXRefファイルを挿入して、外部の図面ファイル(NDWファイル、またはDXF/DWG/DGNファイル)を参照できます。XRefファイルの表示は、リンク元の外部ファイルで行われた変更内容が反映されます。
XRef機能で同パターンのインテリアを配置

Architecture Shadows

セクション、ビュー、および隠線画像における建築物の影を、モデルから直接3次元建築物に生成。

 レイアウト機能によるプレゼン資料の多彩な見せ方

レイアウトエディタを使用すれば、1つの3Dモデルをもとに複数の設計図書の作成が簡単に行えます。作成した数量表の配置も可能です。
ファイルを選択してレイアウト

表現力豊かなアニメーションの作成

3Dモデルをアニメーションで表現することにより、直感的で伝わりやすいプレゼンテーションが作成できます。モデルの透過設定、鉄筋ごとの色分け、建物の質感の表現など、思うままにカスタマイズできます。
透過設定された配筋モデルのアニメーション アニメーション表現
データ連携  IFCなどさまざまなデータ形式と連携

IFC(Industry Foundation Classes)はIAIが建築業界向けに提案している標準ファイル形式で、図形データに加えて部材の属性データも備えた3次元建物モデルデータで、さまざまな3D・2Dのファイル形式でのデータ交換ができます。また、UC-win/Roadや各種解析ソフトなど、フォーラムエイト製品との連携により、建物エネルギー、火災・避難、氾濫、交通ネットワーク、構造などの各種解析と、VRによる可視化のシミュレーションが可能になります。
インポート
AutoCAD dwg , dxf , dwt , dxb
MicroStation dgn
PDF、PDF-A、3D-PDF pdf
IFC ifc
CINEMA 4D c4d
SketchUp skp
Rhino 3dm
STL stl
VRML wrl
Hpgl/2 プロッタファイル plt , hp , hpg , hpl , pm
3D Studio 3ds
Adobe Illustrator ai
エクスポート
AutoCAD dxf , dwg , dwf
MicroStation dgn
PDF、PDF-A、3D-PDF pdf
IFC ifc
SVG svg
Hpgl/2 プロッタファイル hp, hpg , hpl , pm
RIB iTWO cpixml
SketchUp skp
Google Earth kml
CINEMA 4D c4d , c4u
Rhino 3dm
STL stl
VRML wrl
Universal 3D u3d
3D Studio Max 3ds
Allplanでインポート・エクスポート可能なファイル形式

DesignBuilder

DesignBuilder

>>製品詳細はこちら

建物エネルギーシミュレーション

イギリスDesignBuilder 社により開発されたビルディングデザイン、シミュレーションプログラム

アメリカ エネルギー省開発の建物エネルギーシミュレーションプログラムであるEnergyPlus8.1と連動することによって、作成したモデルに対して光、温度、CO2などの環境をシミュレーションし、計画段階から環境に配慮した省エネルギー型の建物の設計ができるソフトウェア。

■直感的なモデリング

OpenGL(※2)ソリッドモデラーを採用しており、3D 空間に「ブロック」を配置して、押出し/カットなどによって、直感的に建物モデルを作成することができます。建築部材の厚さ、部屋の面積および体積を視覚的に把握することができます。またモデルの幾何学的形状や表面形状に制限はありません。

(※2) OpenGL : Open Graphics Library. 3D グラフィックスのためのプログラムインターフェース。2Dグラフィックスも可能。

また、データテンプレートを使えば、ドロップダウンリストから選択することによって、一般的な建築構造、建物内部での人間活動、HVAC(Heating、Ventilating and Air Conditioning.)、照明装置をデザインに読み込むことができます。 同様のタイプの建物を何度も使用するなら、それをテンプレートに加えることもできます。この機能はデータベースに連動しており、建物およびその周辺の区画に大きな変更を加えることができ、 デザインや評価プロセスのいかなる段階においても、各々の建物モデルに対して個別の詳細な設定を行うことができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲サーフェス合成 ▲パーティション表現


■環境性能データにワンクリックで切り替え

モデル編集画面と環境性能データをワンクリックで切り換えることができ、外部モジュールの実行やデータのインポートをすることなく、データを表示することができます。
換気設定温度に基づいて窓を開くというオプションを付けて自然換気をモデル化し、外気温により窓の開度を調節し、日光の量により照明制御システムがモデル化され、電気照明の節約量が計算されます。
さらに、一年ごと、一月ごと、一日ごと、一時間ごと、それ以下の時間間隔で包括的なシミュレーションデータを表示することができます。燃料の種類と使用目的によって計算されるエネルギー消費量、屋内温度、気象データや、壁・屋根・吸気口・換気口などの構造要素を通じた熱伝達、冷暖房負荷、CO2 発生量をシミュレーションし、気象データを参考に冷暖房設備のサイズを計算し、タブを切り替えるだけで瞬時に表示させることができます。
また、Designbuilderには最新のASHRAE(アメリカ暖房冷凍空調学会)世界気象データと観測地点データ(4429データセット)が含まれ、975のEnergyPlus 毎時気象ファイルが無料で利用できます。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲熱負荷データ ▲太陽パスダイヤグラムの表示

このように、モデリングのしやすさ・視覚的なわかりやすさと、環境性能データを自動計算しワンクリックで表示できるという機能がDesignBuilderの最大の特徴であり、意匠的な検討とエネルギー計算を同時に進められるソフトウェアと言うことができます。

■DesignBuilder CFD (Engineering Pro標準)
建物モデルにCFD(コンピュータを用いた数値流体力学)の概念を統合すれば、建物内外の空気フローと温度環境をシミュレーションすることができます。
具体的には、冷暖房機の設置位置、建物の形状、窓、換気・吸気口の配置と屋内温度環境、屋内外の空気の流れ、ダブルスキン内の気流などを解析することができます。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲CFDシミュレーション ▲外部CFD解析結果表示

■詳細HVAC (Engineering Essentials/Engineering Plus/Engineering Pro標準)
EnergyPlusの広い範囲のHVACタイプをサポー トし、強力で柔軟な方法を提供しています。ASHRAE 90.1 基準HVACシステムを含むコ ンポーネントをサポートし、空気・水両方をモデル化することができます。各種コンポーネント、ミキサー、スプリッターの配置による、温冷水の供給、凝縮器、エアーループなどのグラフィカルな定義を行い、解析が可能です。ボイラー、冷却機、加熱コイル、ヒートポンプ、冷却コイル、ポンプ、ファン、加湿器などを含む拡張可能なEnergyplusのライブラリを使用できます。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲HVACシステム編集

■Daylighting
各ゾーンの平均的な昼光率と均一性の計算。各ゾーン、各ブロック内または建物全体を通じて、スライスを生成し高品質な照度のコンター(等高線)をプロットすることができます。Daylightingモジュールは現在広く使用され信頼性のあるRadianceという採光シミュレーションエンジンを使用しています。CIE曇天空を含む、さまざまなタイプの空を指定してシミュレーションすることができます。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲照度計算コンター ▲昼光分布マップの表示

EXODUS / SMARTFIRE

EXODUS/SMARTFIRE 避難/火災シミュレーション

>>製品詳細はこちら

EXODUSモデル

シミュレーションは規則に基づいてコントロールされます。また、柔軟性をもたせるためこれらの規則は避難者、動き、振る舞い、有毒性、ハザード、囲いの6つのサブモデルに分類され、室内形状として定義された領域で動作します。内部的な形状はノードのメッシュでカバーされ、ノードはアークシステムでリンクされます。各ノードは1人によって通常占有される領域を表現します。

東京消防庁認定 避難算定方法

2011年3月、EXODUSによる算定方法が認定

予測される避難に必要な時間の算定に関する要綱 に基づく「火災避難シミュレーションと同等と認められる算定方法」としてフォーラムエイトが東京消防庁より認定されました。

SMARTFIRE

度な計算流体動力学(CFD)の火災シミュレーション環境です。火災工学で利用されるシミュレーションツールとして設計・開発されており、問題設定や避難解析の効率的な設計を支援する、さまざまな独自機能を備えています。

▲SMARTFIRE視覚化環境

▲人の頭の高さでの煙濃度

▲EXODUSを用いた旅客船の火災・避難解析

▲スプリンクラー・水ミストのモデル化機能

▲完全非構造化メッシュ機能

EXODUS/SMARTFIRE 解析支援サービス

トンネル火災避難解析

フロア数=1 延床面積=2,000m2 人数=28
セル数=2,471 トンネル長200m 内空断面(高さ8m×幅10m)


解析支援サービス費
避難解析:¥109,800/火災解析 :¥662,530

高層ビル火災避難解析

トンネル火災避難解析

フロア数=13 延床面積=13,000m2 人数=780
セル数=49,322 各フロア平面(幅33m×奥行き29m)


解析支援サービス費
避難解析:¥547,800/火災解析 :¥1,933,514

兵庫県淡路市役所

第14回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド 審査員特別賞

施設の造成や景観イメージを可視化、パーク形成の過程の記録、企業誘致活動等に利用

姫路市 都市市長公室 総務部 システム管理課 建設局 道路部 街路建設課

Up&Coming 80号 ユーザ紹介

研修実施の上職員自らVRデータを作成し、姫路城等の歴史的資源に関わる事業検討やまちづくりを展開

長野県 飯山市 建設水道部

Up&Coming94号 ユーザ紹介

研修実施の上職員自らVRデータを作成し、姫路城等の歴史的資源に関わる事業検討やまちづくりを展開

秋田県産業技術センター/秋田大学

第15回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド 審査員特別賞

津波来襲が危惧される地域においてどう迅速避難すべきか学習できる住民説明向け避難教育システム

東京都港湾局

Up&Coming 50号 ユーザ紹介

臨海副都心内の有明北地区に建設が予定されている「有明親水海浜公園(仮称)」構想の3DVRを作成

境港市

第15回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド グランプリ

境港市水木しげるロードでのリニューアル計画にて設計案の合意形成とPRのためにVRを活用

大分県杵築市

第15回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド グランプリ

まちなみ提案確認モデルを市民へ公開。既存のまちなみとがどう調和するかが、分かりやすく表現

木更津市

第16回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド 審査員特別賞

木更津市沿岸部における再開発の提案を表現。参加者の作品をVR内で紹介

神戸市 都市計画総局

Up&Coming91号 国内イベントレポート

建物のデザインに関する景観協議や高さなどの規制誘導のための基準検討の支援ツールとしても活用

自治体でのその他活用事例

目黒川沿い橋梁ライトアップシミュレーション

株式会社景観設計・東京

目黒川の2本の“橋”と“護岸”について、歴史性を考慮したライトアップのVRの作成

東高瀬川周辺環境改善シミュレーション

京都市立京都工学院高等学校

東高瀬川周辺環境の改善策を検討。マンションの公園と一体化した環境をシミュレーション

水郷の里 日野市の用水路を活かした環境共生型区画整理の提案

法政大学

日野市の用水を中心とした水辺空間を活かした環境共生型区画整理の在り方を提案

堺市大小路LRT計画VRデータ

大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専

堺市で計画中のLRT 整備事業の検討と合意形成のために作成

画面サンプル

▲LandXML地形データのインポート

▲トンネル交差部

▲杭基礎問題

▲トンネル問題

▲堤体内の浸透検討

▲集水井の検討

▲応力ベクトル図

▲変形図

▲変位図

▲境界条件

▲最大ひずみ応力

▲切断面コンタ図

▲ポテンシャル図

▲間隙水圧

▲流速ベクトル

▲ベクトル図

▲材料特性の入力ダイアログ (浸透流解析)

▲等値面

▲等値面

▲飽和度

▲z方向動水勾配

▲レポート出力(GeoFEAS)

▲レポート出力(VGFlow)

Q&A(製品評価や導入の際に役立つQ&Aです)

何ができるのか?

3次元汎用解析ツールとして、2次元モデルから3次元立体フレームモデルまで作成可能です。
また、板要素を使用したFEMモデルも作成可能で、部材は線形要素から非線形要素まで、荷重も静的荷重から動的荷重まで対応可能となります。

どのような計算に活用できる?

橋梁の静的解析や動的解析、河川構造物の耐震計算や水道施設の耐震診断、建築構造物の計算に活用できます。
また、他社にない機能としまして弊社のUC-1設計シリーズの橋台・橋脚・基礎・震度と連携して、保耐法の計算データから動的解析が可能なデータを自動生成可能です。

報告書として成果に活用可能?

もちろん可能です。ただし対象を桁橋や直線橋などに限定していませんので、出せるものは計算書レベルの出力となります。
Excelへのカット&ペーストが可能ですので報告書のひな形へ貼り付けながら結果をとりまとめることが可能です。

どのような基準に対応している?

橋梁設計で使用される道路橋示方書のH14年版、H24年版、H29年版に対応しています。
また、断面照査ではコンクリート標準示方書の限界状態設計法にも対応しており、構造物の照査まで可能です。

どのグレードを購入すればよい?

線形解析、静的解析メインの方はLite版、フレーム解析で非線形解析、動的解析まで必要な方はadvanced版、非線形のFEM解析が必要な方はultimate版をご購入下さい。

入力について不明な場合は?

製品ヘルプもしくはHPに電子マニュアルに製品詳細と操作法を準備しております。その他、定期的に開催される有償セミナーでは静的解析モデル、動的解析モデル、FEMモデルの3つのモデル化の講習が受講でき講師と質疑応答も可能です。また有償となりますが、計算モデルを作成する解析支援サービスもあり年間100件を超える実績がございます。
解析支援サービス:https://www.forum8.co.jp/product/ucwin/ES/ESkaiseki.htm


 >> サポートページ Engineer's Studio® Q&A集

LOADING