ちょっと教えたいお話 NFT(non Fungible Token):
非代替性トークン

  • 画像データが高額に取引されるというニュースをお聞きになったことがあるかと思いますが、これにはデータの作成者や所有者を証明する仕組みを実現する、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)が使用されています。今日はこのNFTの技術について説明します。

NFTとは

NFTとは美術品や宝石等における価値をデジタルデータに付与する技術として採用されている技術のことです。デジタルデータに著作権者、所有者、取引履歴を付与することができ、情報の改ざんができない仕組みを採用することで、鑑定書付きデジタルデータとして取り扱うことができるようになります。そしてこの取引に使用する場所のことを、NFTマーケット(※1)と呼びます。


▲図1:NFT付与イメージ


NFTの技術「イーサリアムブロックチェーン」

NFTの仕組みとしてブロックチェーン技術が使用されています。ブロックチェーン技術とは、情報通信ネットワーク上にある端末を使用して、暗号技術を使って取引記録を分散的に処理・記録するデータベースの一種であり、ビットコイン等の暗号資産(※2)でも使われていることで有名です。NFTでは、非代替性を実現する仕組みを実装している、イーサリアムブロックチェーンが使われています。


▲図2:ブロックチェーン技術のイメージ


NFTとコンテンツデータ

NFTはデジタルデータであれば関連付けすることが可能です。ゲームのアイテムやtwitterのデータ、画像、映像、音声データなどを関連づけることができます。知名度が上がれば、高額で取引される可能性があります。

ただし、現実的にはNFTマーケットにより扱えるフォーマットとサイズ上限が異なるため注意が必要です。例えば、NFTマーケットのOpenSea(※3)では、取り扱い可能なデータフォーマットは、JPG、PNG、GIF、SVG、MP4、WEBM、MP3、WAV、OGG、GLB、GLTF、サイズ上限は100MBとなります。

弊社のソフトを利用されてい場合は、Shade3Dで作成した3DモデルデータをglTF(もしくはglb)形式でエクスポートすることで、NFTマーケットで作品データを登録・販売することができます。


▲図3:Shade 3DからNFTまでデータ交換の流れ


NFTコンテンツの販売方法

NFTコンテンツを販売するには、一般的にはNFTマーケットを利用します。取引には暗号資産ウォレット(※4)が必要となります。マーケットでの販売までの流れを紹介します。その他、細かい部分はマーケットにより対応が異なりますので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

  1. データコンテンツを用意する
  2. 取引に使用するウォレットを用意する
    ウォレットとしてはMetaMaskが採用されているようです。
  3. NFTマーケットにデータコンテンツをアップする
    マーケットにコンテンツを出品する際に事前の審査と手数料が必要となる場合があります。
  4. NFTデータコンテンツを販売する
    取引成立時にはGAS代を支払います。これによりデータの取引履歴が更新され、コンテンツの所有者が移行します。

NFTコンテンツに関する注意事項

注意するべきことは、大きく2つあります。

1つ目は、マーケットプレース間でコンテンツの移動ができない場合があるということです。使用するコンテンツに合わせてマーケットを選定する必要があります。

2つ目は、コンテンツ販売で利益が発生した場合、税金がかかる場合があるということです。条件に取り扱いが異なりますので、不明の場合は税理士に相談することをおすすめします。


※1 NFTマーケット …OpenSea、Coincheck NFT、楽天NFTなどがあります。
※2 暗号資産…“仮想通貨”と言う名称から変更となりました。
暗号資産(仮想通貨)とは何ですか?(日本銀行ホームページ)
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/money/c27.htm/
※3 OpenSae https://opensea.io/
※4 ウォレット ……暗号資産を管理するソフトウエアのこと。
MetaMask、Coinbaseなど。



 

前ページ
    
インデックス

LOADING