Vol.

21

スポーツ文化評論家 玉木 正之 (たまき まさゆき)
プロフィール
 1952年京都市生。東京大学教養学部中退。在籍中よりスポーツ、音楽、演劇、
映画に関する評論執筆活動を開始。小説も発表。『京都祇園遁走曲』はNHKでドラマ化。静岡文化芸術大学、石巻専修大学、日本福祉大学で客員教授、神奈川大学、立教大学大学院、筑波大学大学院で非常勤講師を務める。主著は『スポーツとは何か』『ベートーヴェンの交響曲』『マーラーの交響曲』(講談社現代新書)『彼らの奇蹟-傑作スポーツ・アンソロジー』『9回裏2死満塁-素晴らしき日本野球』(新潮文庫)など。2018年9月に最新刊R・ホワイティング著『ふたつのオリンピック』(KADOKAWA)を翻訳出版。TBS『ひるおび!』テレビ朝日『ワイドスクランブル』BSフジ『プライム・ニュース』フジテレビ『グッディ!』NHK『ニュース深読み』など数多くのテレビ・ラジオの番組でコメンテイターも務めるほか、毎週月曜午後5-6時ネットTV『ニューズ・オプエド』のMCを務める。2020年2月末に最新刊『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂)を出版。
公式ホームページは『Camerata de Tamaki(カメラータ・ディ・タマキ)

スポーツの興奮で「様々な重要な問題を忘れ去ってしまうスポーツ・ウォッシング」
ではなく、それらの「問題を改善・解決するスポーツの力」を信じたい!

FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ2022カタール大会は、日本代表チームが初戦で優勝候補のドイツに2対1で勝利するという世界を驚かす大逆転勝利もあり、日本国内では大きな盛りあがりを見せた。

次の勝てると言われていたコスタリカとの試合は落としたが、もうひとつの優勝候補である強敵スペインを2対1でこれまた撃破。日本サッカーの成長と失敗を経験することのできた大会として、さらに大きな目標の「2050年W杯日本単独開催&初優勝」に向けて、頑張ってほしいと思う。

しかし、中東イスラム圏での初開催となったカタールW杯では、サッカーの試合以外でも重大な事件が続発した。それは「スポーツ・ウォッシング」に関する問題だ。

「スポーツ・ウォッシング=スポーツで洗い流す」とは「人気のあるスポーツ・イベントで多くの人々が興奮することによって、不都合な事実を忘れさせてしまうこと」を指す言葉だ。

過度の商業化と肥大化の結果、多くの人々が被害を被っているとしてオリンピック開催に反対する運動を続けているアメリカ・パシフィック大学政治学部のジュール・ボイコフ教授などが使い始めた新しい言葉だ。

カタール政府はW杯開催のため、スタジアム建設などで外国人(移民)労働者に劣悪な環境で仕事をさせ、英国メディアの報道によれば6千人以上の死者を出したという。

それに対して国際人権監視団体のHRW(ヒューマン・ライツ・ウォッチ)は、FIFAにW杯の賞金総額4億4千万ドル(約610億円)と同額の補償金を用意するよう求めたという。そしてイングランドやドイツのサッカー協会も、FIFAに対してカタールの労働者に対する待遇改善と権利回復を要求する行動を起こすよう求め、西欧各国ではカタール政府に抗議するデモも頻発。フランスやドイツは、パブリック・ビューイングを取り止めた。

カタールでは同性愛が犯罪として法律で禁止され、女性の権利も大幅に制限されていることもあり、オーストラリアやデンマークなどの選手団が抗議の声をあげ、欧州7か国の出場選手は反差別を訴える虹色の腕章を着けて試合に臨もうとした。が、FIFAのインファンティーノ会長がそれを禁止。腕章着用の選手には即座にイエローカードを出すと警告。それにドイツ選手が反発し、グループリーグでの日本戦の前の記念撮影で、選手全員が手で口を覆うポーズをとり、意思表示を封じられたことに対する抗議の意図を示した。

イングランドの選手は、初戦の試合前にニーダウン(片膝を地面について、あらゆる差別に反対する意志を表す行為)を行い、対戦相手のイランの選手たちは、国歌が流れても全員が口を真一文字に閉じ、歌うことを拒否。それはへジャブ(女性が髪の毛を覆うイスラム教で義務づけられているスカーフ)の被り方が悪いとして警官に逮捕された女性が亡くなった事件に対する抗議だった。

それらはすべてスポーツ・ウォッシング(W杯の興奮で「事件」が忘れられること)を阻止しようとする行為だった。

が、FIFAのインファンティーノ会長は、欧州の「過去3千年に及ぶ差別の歴史」や「異民族への弾圧の歴史」「植民地の歴史」などを持ち出し、西欧諸国のカタール批判こそ「偽善」であると逆批判。日本サッカー協会の田嶋幸三会長も、「今はフットボール以外のことをいろいろ話題にすることは好ましくない。差別や人権の問題については当然私たちも改善したいと思っている。が、今はサッカーに集中するときだ」と語った。

たしかにイギリスでも、第二次大戦直後までは同性愛が法律で禁じられ、ナチスの暗号を解読した天才数学者のチューリングも、その「罪」で警察に捜査され、不当な圧力をかけられ続けたという事実も存在する。が、そのような過去の反省から到達した西欧の「人権意識」は、世界中に広めるべき「人類共通の真理」であるはずで、それをW杯で選手たちが広めようとする行為(腕章や様々なポーズ)がW杯の邪魔をするとは思えない。

逆にインファンティーノ会長や田島会長の言葉は、過去に多く存在したスポーツ・ウォッシングの歴史を想起させるものでもある。

戦前の日本が1928年のアムステルダム五輪で初の金メダルを獲得して以来、32年ロス大会、36年ベルリン大会で日本人選手が大活躍する一方、日本社会の軍国主義化が進んだ事実を指して、評論家の大宅壮一氏は「スポーツとは支配階級が大衆に注射する阿片のようなもの」と表現した。

またヒトラーが開催に力を注ぎ「ナチ五輪」と呼ばれたベルリン大会は、ユダヤ人迫害を世界の批判から隠蔽したと言われている。

さらに1960年の東京で、日米安保条約の改定に反対する10万人以上の人々が国会議事堂や首相官邸を取り囲んだとき、当時の岸信介首相は「健全な国民はプロ野球の巨人阪神戦を見に行っている」とうそぶいたという。

古代ローマ帝国は「パンとサーカス」の社会と言われている。為政者(皇帝)は「経済を豊かにし(パンを与え)、娯楽(サーカス=スポーツ)を提供する」ことで、大衆の不平不満を解消し、支配してきたというわけだ。

オードリー・ヘップバーンの主演で有名な映画『ローマの休日 Roman Holiday』というタイトルも、欧米ではことわざとして使われる言葉で、「他人に迷惑をかけて楽しむ休日」のことを意味する。古代ローマの貴族たちが拳闘士グラディエーターたちを戦わせたり、奴隷に猛獣をけしかけたりして休日を楽しんだことから生まれた言葉なのだ。

スポーツ(娯楽)が為政者によって利用されていた過去の「スポーツ・ウォッシング」の時代から、スポーツが差別や人権問題を考え直す契機となり、世界のすべての人々の共通認識を創りあげる時代へ……。それこそが素晴らしい「スポーツの力」と言えるに違いない―。

W杯カタール大会の最中、日本では東京地検と公正取引委員会による東京五輪の贈収賄事件・談合事件の捜査が進んだ。W杯の興奮で「ウォッシング(洗い流すこと)」のないよう事件の進展にも注意の目を向け続けたい。

 


前ページ
    
インデックス
(Up&Coming '23 新年号掲載)

Up&Coming

LOADING