6軸モーション対応・ドライビングシミュレータ

UC-win/Road 体験シミュレータ

初版リリース:2008.09.05

プログラム概要

フォースフィードバックステアリング機構等の採用により、実写感覚の運転感覚の実現が可能になっています。
近年急速に開発されている自動車安全技術(衝突回避、衝撃減少等)の模擬体験や交通事故バーチャル体験、ITS新技術体験などを、実写感覚で実現することができます。

プログラムの機能と特長

プログラムの特長

1) 自由なVR空間の適用、リアルタイムで多様な走行環境を提供

  1. 3DVR空間を簡単、自由に作成できます。3Dコックピット、マニュアルドライブ、マルチモニターがそのまま実装可能です。各種イベント、シナリオ設定に対応。
  2. ビジュアルオプションにより、走行環境を自在に設定できます。

2) 様々な安全装置の実装、カスタマイズ提供が可能

  1. ABS(アンチロック・ブレーキシステム)
  2. 4WD
  3. スタビリティ・コントロール
  4. 衝撃減少システム
  5. 車線内走行支援システム
  6. パワーステアリング最適制御システム
  7. 追従クルーズ・コントロール

基本ライブライリをカスタマイズし実現する機能です。受注開発による提供。


3) 標準VRデータは無償、シナリオ、イベント、高HZ化カスタマイズ対応

UC-win/Road Web Viewerでサンプルモデルとして提供している道路、交通、都市モデルを無償利用可能です。
道路障害、信号制御が行え、インタラクティブな各種シナリオ作成が可能です。
接触判定、交通事故(作成例参考)は別途見積可能です。 


4) コンパクトなボディデザイン

  1. 親しみのあるエッグシェルデザイン- 安全性も考慮し丸みを付けたボディ形状
  2. 低床化の実現
  3. 乗降性の向上 小型6軸モーションで高さの抑え低床化を実現
  4. スペースの最適化 1人乗りでの最適な操縦空間実現、インパネの最小化実現
  5. 専用1画面液晶モニタの採用によるスペース効率化の実現
  6. ステアリング機構のスペース効率化により実現

5) 実車感覚の操作感の実現

  1. フォースフィードバックステアリング機構の使用により、最適な反力フィードバックを実現し、実車感覚の操舵感を再現
  2. 本格的ペダル機構の採用により実車感覚の操作感を実現

6) 設置のしやすさ、移動のしやすさの実現

  1. 設置スペースを最小化。
  2. 移動キャスターで移動し、設置はジャッキで降ろすのみ。電源は100V単相1本だけ。

7) 各種安全装置の標準装備

  1. 3点式シートベルト、ベルト非装着時スタート不可機構
  2. 非常ボタンにより瞬時停止及び姿勢ホールド機構

シナリオ機能

あらかじめ決められた様々な動きをモデルに設定できます。たとえば、自分の車がある位置に到達したら、任意のモデルがあらかじめ与えられた役割を実演するというように、いろいろなシーンを設定していくことが可能です。「信号が必ず赤信号に変わる」「横から車が飛び出してくる」「渋滞が発生する」「人間が歩行を開始する」等々のいろいろなシーンを自由に設定し、リアルなドライビングシミュレータを提供可能です。


CarSim連携

UC-win/Road体験シミュレータ上からの運転操作によって、乗用車のさまざまな運転条件(アクセル、ブレーキ、ハンドル操作)と環境条件(路面の高低差、摩擦係数、横風等)での動的挙動を解析し、モーションにリアルな動きを与え、UC-win/Road上でVR走行シミュレーションを行うことが可能です。


▲(株)バーチャルメカニクスのCarSim

▲モーション基本制御プログラム


路面状態の再現-カスタマイズ

高精度の道路材料、道路状態の路面タイプをシミュレーション

天候状態により、路面摩擦係数μをセットでき、シミュレータの挙動、モーションの挙動に正確に反映できます。


▲雨中走行

▲雪面走行


▲嵐状態

▲F1コース走行


表示パフォーマンスについて:シミュレーション酔いを防ぐためにフレームレートを確保

ハードウェアシステム構成

外寸
  • W2810 × D2320 × H1985
総重量
  • 650kg
電源
  • 200V 20A × 2系統
    100V 15A × 1系統
最大速度
  • 225mm/sec
ペイロード
  • 350kg
モーション
  • 電動6軸シリンダーのモーション付き
モニター
  • 40インチ×3画面
  • メーター用9インチモニター×2
  • リアキャノピーには、ドライバーの顔認識などのための12インチモニター
  • ナビ用7インチモニター
ステアリングシステム
  • 2種類の電動ハンドルシステムより選択可能
  • チルト機構ハンドルシステム
  • コンビネーションスイッチ
  • クラクション
スイッチ類
  • スタートスイッチ
  • ハザードスイッチ
  • パーキングスイッチ
  • 非常停止スイッチ
  • リセットスイッチ
  • 画像設定用スイッチ×6
音、振動
  • 7.1chサラウンドシステム
  • ハーモ二クス振動システム
内装
  • レカロシート、モモハンドル、床カーペット 、格納式シートベルト
  • オリジナルダッシュボード、右ハンドル、左ハンドル設定可能
  • スピーカー7点装備可能
  • スーパーウーハー装備可能
外装
(オリジナル外装)
  • サイドパネルLEDイルミネーション、ライト、 ストップランプ、ウインカー
タラップ
  • 踏み台が大きなものと、スタイリッシュなもの から選択可能
ベース
(オリジナルデザイン)
  • ジャッキの昇降により、キャスターの装着が可能
  • LEDにより上部が光り、動き出しの予報的 役割を果たします

電動6軸モーション諸元

モーション性能 可動軸 可動範囲 最大加速度 最大速度
前後(X軸) ±96mm 0.5G 225mm/sec
左右(Y軸) ±96mm 0.5G 225mm/sec
上下(Z軸) ±96mm 0.5G 225mm/sec
ロール(X軸回り) ±15dg    
ピッチ(Y軸回り) ±15dg    
ヨー(Z軸回り) ±15dg    
ペイロード 350kgf以下
電源 AC200V 50/60Hz 単相 4KVA
ホストインターフェース Ethernet

ROHS対策済み「ドライビングシミュレータ」

主にヨーロッパ販売用で国内や海外の多くはROHS対策品でなくとも販売可能です。
*ROHS対策 : 鉛、水銀、カドミウム、六価クロム等の環境に悪影響を与える材料の使用を禁止している。

シミュレータ製品群

PC本体別売、ソフトウェア価格(UC-win/Road(97万円)

DSオプション(33.6万円)、MPオプション(86万円)

Concept(販売開始) 本体価格 主要内容

Compact Research シミュレータ
(2010年)
¥6,600,000
(税別)


(3ch 標準)
  • 研究用シミュレータ(UC-win/Road Driving Sim含む)
  • 全部品・計器盤に実自動車部品使用
  • 左右ハンドル可、オートマ標準(マニュアルOp.)
  • ActiveSteering標準、MP(1-6軸)オプション

Driving シミュレータ
(2013年)
¥31,640,000
(税別)


(3ch 標準)
  • 3ch. 32” LCD monitor(UC-win/Road DSop.含む)
  • 6DOF モーションプラットフォーム(ペイロード350kg)
  • 5.1ch Speaker, Body Sound
  • フォースフィードバックステアリング(SENSO-Wheel)
  • アクセル・ブレーキペダルシステム
  • 方向指示器、ミッションオプション

Demo シミュレータ(2007年)

¥1,000,000
(税別)


(1ch 標準)
  • 小型デモ用シミュレータ(UC-win/Road含まず)
  • 展示、案内用コンパクトタイプ、Start/Stopボタン
  • ハンドル、アクセル、ブレーキ実装

※ハードウェア保証は製造会社規定に基づく(税別価格表示)

VRデータ作成価格(交通事故モデル例)

1.踏切事故データ

踏切での後方車両の踏切信号無視による列車との衝突事故について表現。線路と道路各々200mで構成。
走行車両、列車のモデルを可動表現により事故を表現。車両の横転、列車脱線を表現。


新規データ作成費: ¥320,000


2.車線逸脱事故データ

見通しの良い直線道路における車線逸脱時の事故について表現。直線道路800mほどで構成。
車両が車線を離れ、反対側車線へと進路変更を行う及び、対向車との衝突、回転を表現。


新規データ作成費: ¥300,000


3.Uターン事故データ

Uターン車両との衝突事故について表現。800m程度の直線道路で構成。
2種類のUターン車両、追突車両のルートを設定。追突後の挙動を表現。
追突車については、損壊、破片の表現。


新規データ作成費: ¥400,000

※ 2021年4月からの消費税総額表示義務化に伴い、価格表記を「税抜」から「税込」へ移行いたします。

製品価格

本体価格

価格は税込表示です

UC-win/Road本体 製品価格はこちら

■システム価格

製品名 価 格
UC-win/Road Driving Sim

 製品構成:
  UC-win/Road 本体
      +
  UC-win/Roadドライブシミュレータ(プラグイン・オプション)と
  他プラグインを含む
¥1,408,000(税抜 ¥1,280,000)
モーションプラットフォームオプション ¥946,000(税抜 ¥860,000)
6軸モーション シミュレータ本体一式 ¥32,450,000(税抜 ¥29,500,000)
合 計 ¥34,804,000(税抜 ¥31,640,000)

※ 安全装置体験カスタマイズ別途見積
※ VRデータモデル標準添付(裏面参照) 新規作成 10万円~/1km
※ PC本体、車体取付費及び 運送費等は別途必要


■UC-win/Road体験シミュレータ・レンタル価格
(6軸モーション3Chフルオプション型) (パッケージシステム)

仕様 レンタル期間
1日 1ヶ月 1年
UC-win/Road-体験シミュレータ

基本構成
 ・エッグシェルキャビン, 2C塗装
 ・6DOF モーションプラットフォーム
 ・3ch. 32” LCD monitor
 ・5.1ch Speaker, Body Sound
 ・フォースフィードバックステアリング
 ・アクセル・ブレーキペダルシステム
 ・方向指示器、ミッションオプション
UC-win/Road Driving Sim
モーションプラットフォームオプション
基本料
¥462,000
(税抜 ¥420,000)


追加(1日)
¥176,000
(税抜 ¥160,000)
基本料
¥1,848,000
(税抜 ¥1,680,000)


追加(1ヶ月)
¥880,000
(税抜 ¥800,000)
基本料
¥4,620,000
(税抜 ¥4,200,000)


追加(1年)
¥4,180,000
(税抜 ¥3,800,000)
設置費/運送費 運送/移動日前後1日無料、それ以上はレンタル扱い
梱包、運送、搬入費実費(例:RoadDS都内往復¥187,000(税抜 ¥170,000))
設置費、¥55,000(税抜 ¥50,000)
(技術者1名派遣、宿泊旅費実費)

>>レンタル利用規約

製品購入/お問い合わせ窓口


製品購入/お問い合わせ窓口

UC-win/Road お問い合わせ窓口:road@forum8.co.jp

Order(製品購入)

クレジット利用や、分割払いシステムでの購入も可能です。
ご質問はバージョンアップセンタ(vc@forum8.co.jp)へどうぞ。

お問い合わせ営業窓口

全国の営業所がサポートしています。
ホームページ全般に関するご質問は、forum8@forum8.co.jpへお気軽にお問い合わせ下さい。

LOADING