3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウドは、2002年のUC-win/Road「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」受賞を機にスタート。FORUM8デザインフェスティバルのメインイベントとして、毎年、国内外からUC-win/Roadによる高度なVRデータ作品が集まるコンテストです。2011年からはVR-Cloud®によるクラウド一般投票が選考プロセスに追加され、コンテストを盛り上げています。

概要

開催スケジュール
作品応募締め切り

2021年10月15日(金)

ノミネート作品審査会

2021年10月26日(火)
フォーラムエイト東京本社

一般投票期間

2021年11月05日(金)~14日(日)
クラウドによる投票

受賞作品本審査会

2021年11月16日(火)
フォーラムエイト東京本社

クラウド一般投票による順位点および特別賞順位点により審査員が選考 (審査員70%、一般投票30%の重み付けにより評価)。

各賞発表と表彰式

2021年11月17日(水)
品川インターシティホール

FORUM8デザインフェスティバル2021
第20回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド 各賞発表と表彰式

審査員
  • 審査委員長関 文夫 氏

    日本大学 理工学部
    土木工学科 教授

    日本大学理工学部土木工学科卒業後、入社した大成建設にて土木設計部設計計画室に所属し、橋梁エンジニアとして設計・現場勤務を経て、道路構造物や河川、港湾、公園などのデザイン等に取り組む。2011年より現職。

  • 傘木 宏夫 氏

    NPO 地域づくり工房 代表

    環境アセスメント学会理事、自治体問題研究所理事、長野大学非常勤講師、木崎湖温泉開発株式会社取締役、長野県大町北高校学校評議員。著書に『仕事おこしワークショップ』(2012年)他。平成17年度地球温暖化防止活動環境大臣賞受賞。

  • 原口 哲之理 氏

    名古屋大学 未来社会創造機構
    客員教授

    京都大学大学院機械工学専攻修了後、トヨタ自動車にて主に実験分野で車両運動性能開発、企画分野で将来車両企画を担当。2011年より名古屋大学特任教授。現在客員教授。

   
募集内容・応募方法
応募基準・提出物条件

①UC-win/Roadで作成されたVRデータであること(5分間のスクリプト必須)

②VRデータの概要(テキスト150字以内)および操作方法説明
※VRデータはCD-ROM、DVD等のメディアに保存

各賞
■グランプリ ■優秀賞 ■特別賞 [アイデア賞/エッセンス賞] ■審査員賞 ■ノミネート賞
※重複しての受賞はありません
作品応募締め切り

2021年10月15日(金)
※本選へのノミネート作品は2021年10月26日(火)に決定

提出物送付先

〒108-6021 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
(株)フォーラムエイト システム営業グループ
第20回3DVRシミュレーションコンテスト受付係 宛

応募作品の著作権等

受賞作品のVRデータの著作権は、応募者に帰属するものとします。

提出されたデータの配布は行いませんが、フォーラムエイトは、著作者が制作したデータ、作品および成果物について、出力画像・動画等の編集・加工を行い、対外発表、研究発表、営業活動、広報活動として、HP、広報誌、書籍、雑誌、新聞等媒体における掲載・紹介など、二次使用許諾権利を持つものとします。あらかじめご了承ください。

応募に関する
お問い合わせ先

TEL:03-6894-1888 FAX:03-6894-3888
E-mail:forum8@forum8.co.jp

各賞・賞品
  • グランプリ(最優秀賞)

    トロフィー、賞状、賞品(高性能ノートPC、ポータブルSSDなど)、Amazonギフトカード

  • 準グランプリ(優秀賞)

    賞状、賞品(高性能ノートPC、ドローンなど)、Amazonギフトカード


  • アイデア賞・エッセンス賞

    賞状、賞品(タブレット、ノートPCなど)、Amazonギフトカード

  • 審査員特別賞

    賞状、賞品(360度アクションカメラ、ドローンなど)、Amazonギフトカード

  • ノミネート賞

    表彰盾、Amazonギフトカード

※賞品の詳細は決定次第掲載いたします。

製品情報

3次元リアルタイム・バーチャルリアリティソフト UC-win/Road は、各種プロジェクトの3次元大規模空間を簡単なPC操作で作成でき、多様なリアルタイムシミュレーションが行える先進のソフトウェアです。柔軟な開発環境、高度なシステム開発に適用できます。

製品情報

UC-win/Roadの基本機能

クラウドサーバ上で3D・VRを利用する合意形成ソリューション。インターネット環境さえあれば、シンクライアントでもWebブラウザでVR空間を操作できます。

製品情報

VR-Cloud® Ver.6 Collaboration

クライアント間での高度なコミュニケーションとVR活用が可能な、フル機能のVRクラウドシステム。共有コンテンツ管理機能実装。3D掲示板、景観評価、複数ユーザーでのコンファレンス対応。注釈・写真機能も搭載。

  • ▲コンテンツビューワ

  • ▲3Dアイコンの表示

  • ▲注釈機能

  • ▲景観評価機能

活用事例「水木しげるロード×VR-Cloud® Ver6.1」

提供:大阪大学 大学院工学研究科
環境・エネルギー工学 福田

境港市みず木しげるロードのリニューアルでは、設計案の合意形成とPRのためにVRを作成し、関係者や市民に具体像を披露した。VR-Cloud®をデータ共有による遠隔デザインミーティングに活用。

過去の受賞作品

例年、土木・建築、運転・交通シミュレーション、まちづくりなどをはじめとして、多様な分野における活用手法が発表されています。近年では、自動運転研究、防災、教育、医療といった最新の注目事例も増えています。

  • 第19回 グランプリ(最優秀賞)

    ショーボンド建設株式会社

    橋梁補修時の施工VRシミュレーション
    施⼯性を上げるためには、現場状況を正確に把握し、計画に反映させることが⼤切です。今回、⼯事を⾏う前に点群データを採取し、さらに設計図⾯から正確に部材をモデル化し、現場状況等を表現。そして、想定している⼯事内容を表現し、施⼯性を検討しました。
  • 第19回 準グランプリ(優秀賞)

    国土交通省九州地方整備局九州技術事務所

    遠隔操縦操作訓練用シミュレータ
    2016年の熊本地震により崩落した阿蘇大橋付近を3DVRで再現しています。実際の遠隔操作用のコントローラを接続して、災害時における初期初動対応を目的とした分解組立型バックホウの遠隔操作訓練用シミュレータを構築しています。
  • 第19回 アイデア賞

    株式会社デンソー

    運転時反応試験用VRデータ
  • 第19回 エッセンス賞

    Seoul Metropolitan Government Infrastructure Headquarters

    VRによる「西部幹線道路を都市道路へ変更」
    するための道路設計
過去受賞作品PickUp
過去コンテスト作品紹介
 
過去コンテスト表彰式の様子(第19回3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド/2020年11月)