最新デバイス 衛生管理デバイス HARDWARE INFORMATION
2023-No.1

ウィズコロナの状況の中、衛生管理に関する製品も進化していっております。今回は、弊社社内のミーティングスペースで使用している衛生管理デバイスをご紹介いたします。

 カルテック TABLE AIR


アクリル板やビニルカーテンに代わるエアロゾル対策用製品です。汚れた空気を吸引し、光触媒によって除菌・脱臭したキレイな空気のパーテーションを形成することで、呼気に含まれるエアロゾルが対面に届くのを抑制します。

アクリル板だと指紋を拭き取る手間が大変ですが、こちらは見た目も衛生的で良さそうです。また、モールは4個まで継ぎ足すことが可能で、最大2.4mまで延長することができます。吸引のファンはテーブル下に隠れているので、運転中の音も気になりません。

 
▲弊社の東京本社会議室にあるTABLE AIR設置写真。手前と奥で2個使用

■TABLE AIR主要スペック
希望小売価格 オープン
消臭・脱臭方式 活性炭光触媒フィルター
外形寸法 本体:幅195.5×奥行115×高さ45(突起部除く)
モール:長さ600×幅40×高さ30(1本あたり)
重量 本体:約0.4kg
モール:約0.3kg(1本あたり)
風量 約0.1 ~ 0.3(m3/ 分)
電波 入力:AC100V 50/60Hz 出力:DC12V
使用温度範囲 0 ~ 40℃
消費電力 8.0W
待機電力 0.3W

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲いくつもの小さな穴の開いた、
空気を吐き出すモール部
▲光触媒フィルターで除菌、脱臭を行い、
きれいな空気を送り出す

▲空気を循環するサーキュレーターのように、汚れた空気を吸込み、光触媒によってキレイな空気のパーテーションを形成。
呼気に含まれるエアロゾル(マイクロ飛沫)が対面に届くのを抑制します。

 キングジム 飛沫キャッチャー

こちらは、「会話により発生した空気中のマイクロ飛沫を、3方向からすばやく吸引&浄化します」(メーカーサイトより)という機能をもったデバイスです。強力な吸引力で空気中に漂うマイクロ飛沫をパワフルに吸引します。上面と広い方の側面より飛沫ごと吸引し、フィルターで浄化した空気を両サイドから排出します。製品サイズは約30センチとコンパクトなため、簡単に持ち運びができ、置く場所を選びません。運転モードはノーマル、ハイパワーから選択できます。ハイパワー運転時でも音は大きくないのですが、テレビ会議と併用する際は、マイクの配置に配慮が必要です。

▲中央のフィルターで微粒子を除去(写真右) 

 さいごに

今回は、まだまだ続くコロナ渦と付き合っていくためのデバイスを紹介しました。どちらのメーカーも効果を説明するための動画をサイトで公開しているので、検討の参考にされてはいかがでしょうか。

■カルテック TABLE AIR
https://www.kaltec.co.jp/products/kl-t01/
■キングジム 飛沫キャッチャー
https://www.kingjim.co.jp/sp/HC10/

※ 社名・製品名は一般的に各社の登録商標または商標です。


前ページ
  
インデックス
(UpComing '23 新年号掲載)
戻る
Up&Coming

LOADING