Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

最新デバイス AIスピーカー HARDWARE INFORMATION
2018-No.2
 ■ IoTの進展とAIスピーカーの登場

現在さまざまな分野で活用されているIoTの技術は家電にも適用が進んでおり、ネットワーク接続による遠隔操作や、他のデバイスとの連携で自動的に制御できる家電製品は「スマート家電」と呼ばれています。スマートホームの導入が比較的進んでいる米国では、こういった家電をAIや音声UIによって制御できる仕組みが実装された「AIスピーカー(スマートスピーカー)」がいち早く市場に登場しました。2014年にリリースされた「Amazon Echo」がその最初の製品になります。


 ■ AIスピーカーでできること

AIスピーカーとは、人工知能(AI)が搭載され音声認識機能を備えたスピーカーデバイスの総称です。ネットワーク接続による通信機能と音声UIによる操作機能を搭載しており、人間の音声による呼びかけに反応して応答し、さまざまな動作を実行することができます。従来のスピーカーのように単純に音声を再生するだけでなく、音声操作によるニュースや本などのテキスト情報の読み上げ再生、スケジュールの確認・管理、検索、翻訳、TVなどの家電の操作といったさまざまな機能を持っています。

スマホなどのデバイスを使ったテキスト入力と比較して、ハンズフリーでの操作が快適であることから、注目を集めています。


 各社製品の機能比較

日本国内では、2017年の秋以降、各社からGoogle Home、Amazon Echo、LINE ClovaのAIスピーカーが発売されています。また、国内では未販売ですが、2018年に入って米国等で販売がスタートしたApple HomePodも話題となっています。

【Google Home】
音声認識AIとして、Google Assistantを搭載しており、検索やマップ、スケジュール管理といったGoogleが提供する各種アプリケーション・サービスとの連携が特徴です。音楽再生では、話者を認識して好みに合わせた選曲にも対応し、Chromecastとの連携により、NetflixやYouTubeといった動画サービスを操作することができます。

【Amazon Echo】
Amazonが独自開発したAlexaをAIとして搭載しています。Amazonサイトでのショッピングや、音楽サービス、電子書籍読み上げなど、Amazonが提供する各種サービスと連携しています。米国ではすでに動画デバイスFire TV Stickと連携しており、Amazon Primeの動画配信サービスを利用することができます。

【LINE Clova】
LINE社とNAVER社が共同開発する人工知能「Clova」が搭載されており、日本を含めたアジア展開に力を入れています。ニュース再生、TV遠隔操作のほか、LINEアカウントを利用したメッセージの読み上げと送信が行えます。今後はタクシー配車やデリバリーサービスなど、対応サービスの拡大が予定されています。
また、廉価版のClova FriendsではLINEアプリの音声通話機能に対応しており、無料通話が可能となっていることが大きな特長です。


 ■ 今後の展望

今後は、各社それぞれが持っているサービス内容の強化や他サービスとの連携拡大なども、ユーザの興味を引く部分になるでしょう。

また、AIスピーカー周辺の技術・サービスは、ビジネス的にも大きな注目を集める分野になると考えられます。Amazon EchoやGoogle Homeにそれぞれ搭載されているAIには開発環境が用意されており、機能の追加・拡張に対応しています。さらに、各社の仕様に依存することなく制御が可能となる、IFTTT(イフト)というオンラインアプリケーション連携ツールも知られています。これらの技術を利用して連携することで、音声UIによる3DVR空間の操作が行えるようになり、VRの活用可能性がさらに広がることが期待されます。

製品名 Google Home Amazon Echo Clova WAVE
音声認識AI Google Assistant Alexa Clova
TV連携 Chromecast FireTVに対応予定 赤外線操作
音楽 Google Play Music, Spotify等 Prime Music等 LINE Music
連携・サービス Google Photos
Google Map、YouTube等
Amazon Prime関連の
ショッピングサービス等
LINE
LINE News
スケジュールの確認・管理
ニュース読み上げ
本の読み上げ ×
スマートホーム対応家電操作 Chromecast経由で
テレビの操作
FireTV経由でTVの操作
に対応予定
赤外線家電
ハンズフリー通話 国内では対応未定 国内では対応未定 廉価版の
「Clova Friends」で対応
メッセージ送受信 IFTTT(イフト)経由 IFTTT(イフト)経由 LINEアプリを
利用可能
アプリの拡張 ×
▲AIスピーカーの機能比較(2018年3月現在)

▲Clova WAVE本体とスマホアプリでの設定画面
※ 社名・製品名は一般的に各社の登録商標または商標です。


前ページ
  
インデックス
  
次ページ
(Up&Coming '18 春の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
いすゞ自動車株式会社
[ お知らせ ]
IT導入補助金対象製品・
サービスのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
構造解析上部工スイート(部分係数法・H29道示対応) Advanced Suite
Engineer's Studio® Section
配水池の耐震設計計算 Ver.8
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.12
仮設構台の設計・3DCAD Ver.9

キャンペーン実施中
IT導入補助金
CIM・i-Con技術セミナー連動
新道示トレードアップ
グレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/19  柔構造樋門の設計
 ・3D配筋
9/20  大型土のう/
 補強土壁の設計
9/21  ウェルポイント、
 地盤改良の設計計算
9/26  橋台の設計・3D配筋
 (部分係数法・H29道示対応)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション